ITの可能性を、未来の可能性に。JBグループ

ホーム > お知らせ > 会計実践セミナー2009 Autumn「中堅企業のためのIFRS!!」東京/名古屋/大阪開催[JBグループ・ソリューションセンター]

印刷用ページ

2009年10月26日

会計実践セミナー 2009 Autumn 「中堅企業のためのIFRS!!」
~国際会計基準の大波をいかに乗り切るか~


【共催】JBグループ・ソリューションセンター
株式会社テクノスジャパン
【協賛】SAPジャパン株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社





昨年のリーマンショックに端を発した米国経済の信頼が揺らぐ中、中国を筆頭とした途上国の台頭や経済のグローバル化による世界経済が連動している状況で、今まさに現在進行形で会計基準の全面的な一元化が叫ばれており、これらへの対応は会計処理や情報システムだけに限らず企業経営全般に大きく影響するといわれております。
今回の会計実践セミナーは前回に引き続きIFRS(国際会計基準)にフォーカスを当て、株式会社ビジネスブレイン太田昭和様にご講演いただきます。
ご多忙中とは存じますが、ご経営者様、並びに経営管理部門、情報システム部門、経理部門のご責任者様やご担当者様のご来場を心よりお待ち申し上げております。


  • セッション1(基調講演)
    『IFRSの理解と対応 ~企業経営と経理のあり方~』
    講師:株式会社ビジネスブレイン太田昭和
    近年の四半期報告や内部統制(J-SOX)制度以上の影響を及ぼすと言われるIFRS。その影響は株式市場向け開示面に留まらず、金融市場での企業評価にまで拡大していく可能性があります。IFRS時代の到来に向けて企業は今後何を準備すべきなのか、IFRSの本質の理解から経営面、業務面、システム面での対応の道筋を示します。

  • セッション2
    『SAPによるIFRS対応ソリューションのご紹介
    ~IFRS対応をきっかけに企業変革を可能にするIT基盤構築へ~』

    講師:SAPジャパン株式会社
    金融庁より日本版ロードマップが公表され、我が国でも企業の国際会計基準(IFRS)対応に向けた取り組みが活発になってまいりました。新基準適用時の財務諸表並行開示への対応、減価償却や収益認識の基準変更等、「会計」の範囲にとどまらず企業の業務システム全般に大きな影響を与えるとも言われます。IFRS対応する上で、なぜSAPなのか、対応ソリューションをご紹介します。

  • セッション3
    『SAP会計モジュールの短期導入 ~テンプレートによる導入コスト削減~』
    講師:株式会社テクノスジャパン
      『Fact-Financials』はSAP社が提供するSAP Best Practicesをベースにした経理業務ミニマムパッケージです。 SAP会計モジュールを短期導入する手法をご紹介いたします。

  • セッション4
    『最新SAPアプリケーション事前導入済みモデル SAP Discovery System』
    講師:JBグループ・ソリューションセンター
    SAPの導入を検討されているお客様に対して、安価なコストで最新版のSAPを検証できる環境と、JBCCの支援サービスを組み合わせたソリューションをご紹介いたします。


■開催日時/場所  ※参加費無料

開 催 東 京 名古屋 大 阪
日 程 11/19(木) 11/18(水) 11/24(火)
時 間 13:30~17:00 (受付開始13:00~)
定員 80名 50名 50名
会 場 JBCC蒲田事業所 JBCC名古屋NHK事業所 JBCC新大阪事業所
お申込み 受付終了 受付終了 受付終了



【問い合わせ先】
JBグループ・ソリューションセンター セミナー事務局
TEL:03-5714-5345 E-Mail: jbcc_ERP@jbcc.co.jp

ページTOP