ITの可能性を、未来の可能性に。JBグループ

ホーム > お知らせ > 生産管理システムベンダー別出荷金額シェアで8年連続第1位を獲得 [Reed Rex]

印刷用ページ

2012年3月1日

株式会社リード・レックス
JBCCホールディングス株式会社

 

リード・レックス、生産管理システムベンダー別出荷金額シェアで

8年連続第1位を獲得

  

JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:山田隆司)の事業会社である株式会社リード・レックス(本社:東京都新宿区、代表取締役:市川国昭、以下 リード・レックス)は、民間調査会社のテクノシステムリサーチ社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤田正雄)発行の市場調査レポート「2010-2011年ソフトウェアマーケティング総覧」(2012年2月発行)で、当社開発の生産管理システム「R-PiCS V3(アールピックス ブイスリー)」が生産管理システム市場マーケティング分野のベンダー別出荷金額シェアにおいて2010年実績で23.5%、2011年実績で24.1%となり、当該分野で8年連続の第1位となりましたので、お知らせいたします。

 

リーマンショック以降、日本では長引くデフレと円高により、国内でのものづくりは厳しい状況に置かれています。加えて2011年には欧州経済の先行き不安による歴史的な円高や、震災によるサプライチェーンの寸断や電力供給の不安などにより、これまで大手企業中心だった製造業の海外進出は、中堅中小企業にとっても当たり前という状況になりつつあります。今回の調査結果は、そうした状況の中でもリード・レックス製品における製造業務全般のコスト削減や海外導入実績がお客様から支持され、評価をいただいた結果と考えております。
リード・レックスは、今後も継続的に「R-PiCS」の機能・サービスの向上に取り組み、製造業の効率的・効果的な業務を支援してまいります。

 

 

■調査対象製品:生産管理システム「R-PiCS V3(アールピックス ブイスリー)」について
リード・レックス開発の「R-PiCS」は、見込生産から受注生産まで様々な製造形態に柔軟に対応可能なWeb型の生産管理システムです。中堅企業を中心に国内外で580サイトの導入実績があります。

製品詳細  http://www.r-pics.com/ 

 

■「2010-2011年ソフトウェアマーケティング総覧」について
テクノシステムリサーチ社より発行された本レポートは、各パッケージソフトウェアを業務系と業種系のカテゴリーに分け、それぞれの市場の動向と各製品の2009年から2013年までの販売実績推移見通しを数量別、金額別、及びOS別に調査し、今後の各パッケージソフトウェア市場の方向性を明確にすることを調査目的としています。
調査対象製品の総数は830製品に及び、市場で販売されている製品を可能な限り詳細に捉えて作成されています。


 

■株式会社リード・レックスの概要
主な事業内容 生産管理システム「R-PiCS(アールピックス)」の開発・販売、企業向けインターネットソリューションの受託開発
[設  立]        1974年7月
[本社所在地] 東京都新宿区市谷砂土原町3-5 偕成ビル
[代 表 者]   市川 国昭
[資 本 金]   2億745万円(2012年2月現在)
[URL]       http://www.reedrex.co.jp/ 

 


 

<お問い合わせ>
●報道関係の皆様
JBCCホールディングス 広報担当 松尾/村松 
Tel:03-5714-5177 e-mail:jb_info@web.jbcc.co.jp

●お客様
リード・レックス  マーケティング部 菅 
Tel:03-5206-2071 e-mail:sales-rp@reedrex.co.jp

 

ページTOP