ITの可能性を、未来の可能性に。JBグループ

ホーム > お知らせ > アプライアンスソリューション「防人 アプライアンス」を発表[iGUAZU]

印刷用ページ

2013年6月17日

株式会社イグアス
JBCCホールディングス株式会社
株式会社エスアイインフォジェニック

 

標的型攻撃メール対策を支援

アプライアンスソリューション「防人 アプライアンス」を発表

 

JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:山田隆司)の事業会社JBグループ(*1)のディストリビューション事業を担う株式会社イグアス(本社:東京都大田区、代表取締役 社長:矢花達也、以下iGUAZU)は、株式会社エスアイインフォジェニック(本社:東京都文京区、代表取締役社長:石川純生)の協力のもと、標的型攻撃メール対策ソリューション「防人(さきもり)」と、IBMのx86サーバー「IBM® System x」を組み合わせたアプライアンスソリューション「防人 アプライアンス」を発表し、本日よりiGUAZUのビジネスパートナーおよびエスアイインフォジェニックの販売代理店を経由して販売します。

 

近年、企業や組織から不正に情報を取得する目的で、特定の企業を執拗に攻撃する標的型攻撃メールが問題になっています。標的型攻撃メールは、差出人を偽装し、興味を引く内容のメールを送り受信者にウィルスを含む添付ファイルを開かせることや、悪意のあるWebサイトへ誘導するなどの方法でウィルスに感染させ、情報の不正取得を試みます。メール受信者は日頃から怪しい添付ファイルを開かないように気を付けていても、送信元が自分の業務に関係がある場合や、件名が興味を引く内容である場合などには、悪意のあるファイルとは気づかずに開いてしまう可能性があります。

 

「防人 アプライアンス」は、メールに添付されたファイルを、ウィルスを含まない画像(jpg形式)に変換し表示するため、受信者はファイルの内容を安全に確認できます。これによりウィルスを含んだファイルの開封を未然に防ぎ、標的型攻撃によるウィルス感染を防止します。
また、ソリューションとサーバーが一体となったアプライアンス製品として提供することにより、標的型攻撃メールの対策を簡単に構築することが可能です。

 

「防人 アプライアンス」は、iGUAZUのビジネスパートナーおよびエスアイインフォジェニックの販売代理店を経由して本日より販売し、2015年度までに60社への提供を目指します。(300ユーザー版3,944,900円(税抜)から)
お客様からの問い合わせ窓口は、iGUAZUが提供し、エスアイインフォジェニックはiGUAZUに対し、販売やユーザーサポートに必要な技術支援を提供するとともに、共同セミナー開催などのマーケティング支援を実施します。
今後も、iGUAZUとエスアイインフォジェニックは、中堅中小市場を中心に、お客様の役に立つ製品を容易に導入、活用いただくため、両社の強みを生かしたアプライアンスソリューションの展開を推進します。

 

「防人 アプライアンス」の詳細
http://www.i-guazu.co.jp/distribution/lineup/software/appliance/sakimori.html 

 

【防人 アプライアンスの概要】

防人 アプライアンスの概要 

 

【主な機能】
1.受信した添付ファイルの内容を画像表示
メールに添付されたファイルの内容を画像(jpg形式)として表示。
(画像表示可能なファイル形式:.xls, .xlsx, .doc, .docx, .ppt, .pptx, .odt, .ods, .odp, .pdf, .jpg, .png, .bmp, .gif, .rtf, .zip, 暗号化zip, .rar, 暗号化rar, .lzh, HTMLメール )

 

2.本文中のリンクURLの内容を画像表示
本文中のリンクURLの内容を、画像jpg形式)として表示。

 

3.送信元情報の表示
受信メール本文に、送信元の国情報、送信ドメイン認証情報を表示。
不正な場合は送信元が詐称されているというメッセージを表示。

 

4.オリジナルメールの再送要求
ファイルを編集したい場合など、添付ファイルの原本が必要な場合は再送要求リンクをクリックして入手可能。

 

【防人 アプライアンスの特長 基本構成】
「防人 アプライアンス 300ユーザー版 3年保守モデル」
 標準価格:3,944,900円(税抜)
 ・メールユーザー数300名まで(15,000通/日、25GB/日のメール流量と30日間のメール保持)
 ・IBM System x3550 M4(1Uラックモデル)
 ・H/W保守、S/W保守共に3年

 

「防人 アプライアンス 500ユーザー版 3年保守モデル」
 標準価格:5,845,900円(税抜)
 ・メールユーザー数500名まで(25,000通/日、40GB/日のメール流量と30日間のメール保持)
 ・IBM System x3550 M4(1Uラックモデル)
 ・H/W保守、S/W保守共に3年

 

※防人は「300」「500」「700」「1000」「2000」「3000」「4000」「5000」「6000」のラインナップを標準で用意。(6000より多いユーザー数にも対応)
※ハードウェアスペックはメールの量に応じてサイジングする必要があります。

 
   

(*1) JBCCホールディングス株式会社及び事業会社の総称。(http://www.jbcchd.co.jp/corporate/group.html

 

IBM、IBM ロゴ、ibm.comは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml (US)をご覧ください。

 


 

<関連リンク>
●株式会社イグアス   http://www.i-guazu.co.jp/ 

 

<お問い合わせ>
●報道関係の皆様
JBCCホールディングス 広報担当 松尾/村松 
Tel:03-5714-5177 e-mail: jb_info@web.jbcc.co.jp

●お客様
iGUAZU 東日本パートナービジネス事業部 北

Tel:03-5714-5215 e-mail: ig_isr@i-guazu.co.jp 

 

ページTOP