ITの可能性を、未来の可能性に。JBグループ

ホーム > お知らせ > データのクレンジング・名寄せ作業の自動化でデジタル・マーケティングを支援するクラウドサービス「デジピタ」を発表[JBAT]

印刷用ページ

2016年3月17日
JBアドバンスト・テクノロジー株式会社
JBCCホールディングス株式会社

 

データのクレンジング・名寄せ作業の自動化を実現
デジタル・マーケティングを支援するクラウドサービス「デジピタ」を発表

 

JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:山田隆司)の事業会社でJBグループ(*1)のオリジナルソリューション開発会社であるJBアドバンスト・テクノロジー株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:谷口卓、以下 JBAT)は、企業のマーケティング活動を支援するクラウドサービス「デジピタ」を2016年5月末より提供することを発表します。

 

クラウドを中心としたIT技術の進化、ソーシャルメディアの急成長、本格化してきたIoT等により、流通するデータ量は増大し、企業が収集・保有するデータ量も飛躍的に増加しています。多様化する顧客のニーズに応えるため、これらのビッグデータを積極的に活用してユーザー動向を分析し、最適なプロモーションにつなげるデジタル・マーケティングへの関心・需要が高まっています。

 

今回発表の「デジピタ」は、マーケティング活動の中心となる顧客データの管理に不可欠な、データのクレンジングや名寄せ作業を自動化し、業務や入手経路が異なるデータを統一・統合して、顧客データベース構築の省力化・効率化を実現します。さらに、JBATがクラウドで提供する情報分析サービス「Smart BI」と連携することで、データを顧客の行動分析や連続的なフォローへとつなげ、企業の効果的なマーケティング活動を支援します。

 

「デジピタ」は2016年5月末からサービスの提供を予定しており、初年度、100社への販売を目標としています。(月額:50,000円~(税抜)※基本料金+1ユーザーライセンス)

 

デジピタ概要図.JPG

※1 コラボレーション機能は次期バージョンで提供予定です。
※2 情報分析サービス「Smart BI」との連携は、別途「Smart BI」の契約が必要になります。

 

【デジピタ の特長】 http://www.jbat.co.jp/lp/dejipita.html/
・データのクレンジングを自動化
予め用意された変換フィルタを使用して、形式が異なるデータフォーマットを自動変換し、統一することができます。

 

・データの名寄せ作業を自動化
複数のデータ項目を突き合わせて、名寄せ作業を自動化し、入手経路が異なる複数のデータを統合することができます。

 

・データの保存と処理状況の可視化
処理したデータは、作業内容とともに記録・保管され、変更履歴を確認することができます。(クラウド上にデータを保管する場合は、データ保管領域としてAmazon S3(*2)の契約が必要になります。)

 

・作業のコラボレーションで作業効率の向上(※次期バージョンにて提供予定)
管理画面から、データを分割して個別の担当者を割り当てることができます。複数人で並行してデータの確認・修正作業の実施や、お互いの進捗状況の確認も可能です。

 

 

(*1)JBCCホールディングス株式会社及び事業会社の総称。(http://www.jbcchd.co.jp/corporate/group.html
(*2)Amazon S3Amazon Simple Storage Service)は、Amazon.com,Inc. またはその関連会社の商標です。


<お問い合わせ>
●報道関係の皆様
JBCCホールディングス 広報 松尾/村松 
Tel:03-5714-5177 e-mail: jb_info@web.jbcc.co.jp

 

●お客様
JBアドバンスト・テクノロジー マーケティング 清田/木下(きした)
Tel:044-280-8611 e-mail: jbat_sol@jbat.co.jp

ページTOP