ITの可能性を、未来の可能性に。JBグループ

ホーム > ソーシャルメディアガイドライン

印刷用ページ

JBグループ ソーシャルメディアガイドライン

はじめに

「ITの可能性を、未来の可能性に。」を経営ビジョンに掲げるJBグループは、ソーシャルメディアに対しても、グループ企業はもちろん、JBグループのビジネスに関わる全ての関係者(以下、「従業者」といいます)一人ひとりが、積極的に関わり、参加し、その発展に寄与することを目指しています。
そこでJBグループでは、従業者が「ソーシャルメディア」に関わる場合における指針となる基本的事項に関し、従業者の日常活動の指針である『JBグループ行動基準』に準拠する補完規範として、『JBグループ ソーシャルメディアガイドライン』(以下、「本ガイドライン」といいます)を定めます。なお、従業者のソーシャルメディアの個人用、業務利用に関して、本ガイドラインとは別にガイドラインを定めています。

 

個人で語る場合

  1. JBグループ行動基準』(以下、「行動基準」といいます)の遵守は、本ガイドラインの大前提です。従業者は、行動基準の基本理念や遵守事項を良く理解した上で、ソーシャルメディアを活用するものとします。
    JBグループの機密情報を保持し、漏えいを防ぐ義務・責任は、ソーシャルメディア活用にあたっても当然に適用されます。
  2. JBグループの従業者は、ソーシャルメディアにおいて、自分が発言した内容に責任を負います。ソーシャルメディアでの情報発信は、不特定多数の人の目に触れる可能性があること、一旦発信した情報、発言等は、非常に長い期間ネット上に保存されることに留意しなければなりません。また、自らの間違いに気付いたときは、真摯に対応するものとします。
  3. JBグループに関すること、あるいは自身がJBグループに属することが判るような形で情報を発信する場合は、プロフィール(氏名、必要に応じてJBグループでの職務)を明らかにするものとします。
    発信した内容は、個人的な見解であり、JBグループの意見を代弁するものではないことを明確にするものとします。
  4. 個人的な見解であっても、以下の内容は発信してはなりません。
    (1)同業他社、ブランド、商品、社員などに関すること。
    (2)お客様や他者の秘密やプライバシーに関わること。
    (3)「やらせ行為」との誤解を受けかねないようなこと。
  5. ブログ記事等にも著作性があることを理解し、他者の著作物を無断で転載、流用等しないものとします。 引用する場合は、出典を明確にするものとします。
  6. JBグループ関係者によるものと思われる「問題発言」等を発見したときは、速やかに、対処するものとします。 

JBグループを、あるいは所属会社を代表する立場で語る場合

JBグループや所属会社を代表する立場で情報発信を行う場合は、所属する組織や雇用の形態にかかわらず、JBCCホールディングスが別途定める基準を遵守し、JBCCホールディングス広報部門の許可を得て発信するものとします。

【お客様およびご利用の皆様へ 】

ソーシャルメディア上の公式アカウントによる情報発信のすべてが、JBグループの公式発表・見解をあらわすものではございません。JBグループの公式な情報発信は、JBグループのWebサイトおよびプレスリリースを通じて行っております。

<JBグループ公式アカウント>

●Facebook  JBCCホールディングス株式会社(JBグループ) https://www.facebook.com/jbcchd/
●Twitter   JBCCホールディングス株式会社(JBグループ)   https://twitter.com/jbcchd

ソーシャルメディアアカウント運用方針はこちらをご確認ください。

Facebook logo  Twitter logo 

以上

JBCCホールディングス株式会社

制定日:2012年7月27日
改定日:2014年1月1日

※これらの内容は、社内外の状況に応じて予告なく変更される場合があります。

 

 

ページTOP