第55期(2018年4月1日から2019年3月31日まで)の第2四半期が終了しましたので、事業の概況をご報告いたします。

企業のIT投資が堅調な中、当社の主なお客様である中堅企業においても、既存システム更新に加え、クラウド、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などを活用した新たなビジネスモデル創出への取り組みが進みつつあります。

このような中、中期経営計画では、お客様のデジタル・トランスフォーメーションに寄与すべく、7つの成長事業「WILD7」〔クラウドサービス、New SI(新システム開発)、セキュリティサービス、JBソフトウェア、ヘルスケア(医療)、3D事業、人財育成サービス(研修)〕により、ビジネス拡大~収益力向上に取り組んでおります。

この取り組みにより、当第2四半期連結累計期間では、以下のように第1四半期に続き増益となりました。

[売上高]  283億 3百万円(前年同期比17.7%減*)
[営業利益]  13億55百万円(前年同期比29.0%増)
[経常利益]  14億41百万円(前年同期比33.1%増)
[親会社株主に帰属する四半期純利益] 10億円(前年同期比51.5%増)

 

*2018年3月期第1四半期連結会計期間末において、ディストリビューション分野に属する株式会社イグアスの株式を全て売却したことに伴い、当年度はディストリビューション分野の事業活動は行っておりません。ディストリビューション分野を除いた場合の連結売上高前年同期比は2.4%増となります。

期初の通期連結業績予想との対比では、売上高49.4%、営業利益64.6%、経常利益67.0%、親会社株主に帰属する当期純利益76.9%で進捗しております。

このような状況を踏まえ、通期連結業績予想を営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益について、それぞれ上方修正いたしました。
株主の皆さまへの中間配当は、当初予想通り1株当たり18円とさせていただきます。

今後とも皆様のご期待に沿えるよう、グループ一丸となって邁進してまいりますので、引き続きご支援をお願い申し上げます。

売上高

売上高

営業利益

営業利益

1株当たり四半期純利益

1株当たり四半期純利益

事業分野別売上総利益

事業分野別売上総利益

※2018年3月期第1四半期連結会計期間末において、ディストリビューション分野に属する株式会社イグアスの全株式を売却したことに伴い、ディストリビューション分野は前期の実績のみ掲載しております。