2018年度第1四半期が終了しましたので、連結決算概況をご報告いたします。

当第1四半期連結累計期間(平成30年4月1日~平成30年6月30日)におけるITサービス市場の動向は、企業の既存システム更新に加え、クラウド、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などの具体的な取り組みが進み、IT投資は伸長傾向にあります。当社の主な顧客である中堅企業においても同様の傾向が広がってきております。

今年度は2020年までの中期経営計画「Transform2020」の2年目にあたり、7つの成長事業「WILD7」〔クラウドサービス、NewSI(新システム開発)、セキュリティサービス、JBソフトウェア、ヘルスケア(医療)、3D事業、人財育成サービス(研修)〕に積極的に取り組み、収益力の向上を推進しております。この効果もあり、当第1四半期連結累計期間は、以下のように収益の向上を図ることができました。

[売上高] 139億61百万円(前年同期比*31.1%減)
      *ディストリビューション分野を除いた場合 前年同期比 3.5%増
[営業利益] 6億68百万円(前年同期比37.9%増)
[経常利益] 7億38百万円(前年同期比38.9%増)
[親会社株主に帰属する四半期純利益] 5億32百万円(前年同期比75.6%増)

第2四半期以降も、企業のIT投資は引き続き伸長するものと予想されますので、中期経営計画「Transform2020」をベースとした、お客様のデジタル・トランスフォーメーションの支援を一層推進し、「WILD7」の強化・拡大を着実に進めてまいります。

以上を踏まえ、平成30年4月27日に公表いたしました第2四半期連結累計期間及び通期の連結業績予想に変更はありません。

今後とも皆様のご期待に沿えるよう、グループ一丸となって邁進してまいりますので、引き続きご支援をお願い申し上げます。

売上高

売上高

営業利益

営業利益

1株当たり四半期純利益

1株当たり純利益

事業分野別売上総利益

事業分野別売上総利益

※2018年3月期において、ディストリビューション分野に属する株式会社イグアスの全株式を売却したことに伴い、前期の実績のみ掲載しております。