2017年度第3四半期が終了しましたので、連結決算概況をご報告いたします。

ITサービス市場の動向は、既存システムの更新に加え、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)等、新たなIT活用が注目され、IT投資も緩やかに伸長しています。当社の主なお客様である中堅企業においても同様の傾向が見られます。

このような中、連結累計業績予想の進捗は、第1四半期連結会計期間末に連結子会社であった株式会社イグアスの全株式を売却したこともあり、前年同期比では減収となりましたが、収益向上の取り組みにより増益となりました。売上、利益ともにいずれも公表値に対して75%以上の進捗となり、順調に推移しております。

以上を踏まえ、2017年5月9日に公表した通期の連結業績予想に変更はございません。

[売上高] 483億87百万円(前年同期比 21.8%減 通期予想進捗率 76.8%)
[営業利益] 15億68百万円(前年同期比 4.3%増 通期予想進捗率 82.6%)
[経常利益] 15億88百万円(前年同期比 3.0%増 通期予想進捗率 81.5%)
[親会社株主に帰属する四半期純利益]10億11百万円(前年同期比 2.2%増 通期予想進捗率 81.0%)

第4四半期以降についても、第3四半期に続き、IT投資は回復が進むとされている中、当社はお客様のデジタルトランスフォーメーションのご支援を引き続き積極的に行ってまいります。

具体的な取り組みとしては、2017年度からスタートした中期経営計画に掲げた、7つの成長事業(WILD7:クラウドサービス、NewSI(新システム開発)、セキュリティ、JBソフトウェア、ヘルスケア、3D事業、人財育成)の推進により、ビジネスの拡大を図ってまいります。

引き続き、皆様のご期待にお応えできるよう、より一層努力を重ねてまいりますので、倍旧のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

売上高

連結売上高

営業利益

営業利益

1株当たり四半期純利益

1株当たり純利益

事業分野別売上総利益

事業分野別売上総利益