HARMONIZEとは?

「HARMONIZE」は中堅中小企業を中心に、お客様のDXを実現するトータルITサービスです。

「HARMONIZE」は、JBグループが提供する超高速開発、クラウド、セキュリティ、APIデータ連携等のソリューションを、経産省の提唱するDXフレームワーク※の枠組みに基づいて、強化、再構築したサービス体系です

(※)2020年12月に経済産業省より公表された『DXレポート2(中間取りまとめ)』において、DXの取り組み領域を明確化するため、DXの各アクションを取り組み領域と段階に分けて整理・図式化したもの。

■「HARMONIZE」の特長

    • DXフレームワークに基づきDX領域を網羅する包括的なサービスとソリューションを提供します。
    • 中堅中小企業のニーズに合わせて最適なサービスとソリューションを組み合わせて、利用しやすい料金体系と運用サポートで提供します。
    • JBグループの持つデジタルテクノロジーや手法を取り入れて進化する最新のDXの実現を支援します。

 

HARMONIZEロゴ

HARMONIZEとは?

お客様とJB Groupの共創の意より「調和=HARMONIZE」


HARMONIZEのロゴの意味

HARMONIZEの頭文字の「H」と共創を表現。

JB Groupとお客様が一つの形を成すことで、両者が未来に向かって、共に挑み、調和していく様子を表しています。

 

DXの定義

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

引用:経済産業省「『DX 推進指標』とそのガイダンス

 

HARMONIZEのカテゴリとメニュー一覧

「HARMONIZE」はDXフレームワークの各領域を網羅する4つのカテゴリ、10のソリューション&サービスを提供し、お客様のDXのステップをトータルで支援します。

HARMONIZEとDXフレームワーク

HARMONIZEソリューション一覧

HARMONIZEの各ソリューションのご紹介

ビジネスモデル変革支援

特長 先進テクノロジーを活用したビジネスモデルのデジタル化へのチャレンジ

課題・ニーズ

  • DXにチャレンジしたいが推進する人材が不足している
  • ビジネスモデルのアイディアはあるが技術習得や投資のハードルが高い
  • 共にチャレンジできるパートナーを見つけたい
  • DXを何から始めれば良いかがわからない

サービス要素:バリュークリエイトサービス共創サービスコミュニティ

特長 先進テクノロジーを活用したビジネスモデルのデジタル化へのチャレンジ

 

業務変革ソリューション

特長 業務のデジタル化をスピード実現

課題・ニーズ

  • 業務のデジタル化を素早く実現し業務変革したい
  • 数あるSaaSの中で自社に適しているものが分からない
  • 自社の特性や強みを活かしたシステムを構築したい
  • 自社のニーズに柔軟に対応して欲しい
  • 業務システムのオールクラウド化を実現したい

サービス要素:超高速開発SaaSデジタル業務ソリューションクラウド連携

特徴 業務のデジタル化をスピード実現

プラットフォーム変革ソリューション

特徴 プラットフォームのデジタル化:オールインワン運用とトータルマネジメント

課題・ニーズ

  • 自社にとって最適なプラットフォームに移行したい
  • 継続的にコストの最適化を図りたい
  • 専門家がいなくても安心安全なセキュリティ対策をしたい
  • 自社のIT運用から解放されたい

サービス要素:IaaSセキュリティポータルサービス

特徴 プラットフォームのデジタル化:オールインワン運用とトータルマネジメント

導入事例

グループ各社のお客様事例を集約して掲載しています。詳細は各社サイトに移動してご覧ください。