ENTRY

SALES 02

チームメンバー、
お客様と共に
理想のシステム構築を
目指します。

アプリケーションスペシャリスト
坂下 友美

SCROLL DOWN

社動機

Motivation
To Join The Company

専門的な知識もなく、
新しい世界に飛び込む

私が就職活動を行っていた2002年当時は、インターネットが一般に普及し始めた頃で、今のようなITを活用したビジネスやサービスが爆発的に広がる前でした。周囲でもIT業界について、どのような仕事をするのか、知っている人は多くはありませんでした。ただ、この業界には多くの学生が将来性を感じていたと思います。私もその一人。「何か新しいことにチャレンジできるかも」というワクワクした気持ちと、同じ大学の先輩が入社していたという理由で、新しい世界に飛び込みました。就職後は、若いうちからお客様への基幹システムの提案活動に関わることができ、無我夢中で学び、いろんなことにチャレンジしました。

Motivation To Join The Company

事内容

Job Description
Job Description

事内容

プロジェクトリーダーとして
上流工程を担う

新規システムの構築や新サービスの導入をお客様に提案していくシステムエンジニアの仕事に長く携わってきました。プログラミングもしっかりと学びましたが、上流工程で要件定義や基本設計に従事することが多かったですね。そうしてキャリアを重ねてきた現在は、プロジェクトリーダーとしてシステム構築案件を任されるようになりました。規模にもよりますが、開発契約から予算管理も任されるプロジェクトマネージャーを担うこともあります。
お客様に最適なシステムを提案していくには、お客様のビジネスを深く理解する必要があります。今まで中小規模の製造業を担当する中では、ビジネスの理解と共に、経営者や経理責任者の方とミーティングを重ね、現状の問題点を共有することに注力してきました。開発メンバーと共にシステムをつくり上げ、最後にお客様の笑顔を見ると、ホッと一息つくことができます。

Thought
Thought

ゴールを一緒に目指す
仲間がいる

プロジェクトリーダーに必要なのは、お客様と打ち解け、お客様の課題を共有し、それを解決するシステムをチームで作り上げていくことができる力です。社内には先進的な技術に秀でている人、ITの知識に長けている人、プログラムを書かせたら抜群といった、得意技を持つメンバーがたくさんいます。提案時や、プロジェクトを進めていく際には、こうしたエキスパートの力に頼ることも多々あります。自分一人ではプロジェクトは遂行できません。多くの先輩や同僚、後輩、そしてお客様まで味方につけて、関わる全員と一丸となって進めていく。そんな仕事にとてもやりがいを感じています。

標・ビジョン

Vision
Vision

標・ビジョン

本当に信頼される
プロジェクトマネージャーを目指して

最近は、比較的小規模な案件から、プロジェクトの総責任者となるプロジェクトマネージャーを任される機会も増えてきました。開発、システムの構築だけでなく、収益や契約管理の責任も負うポジションです。でも、今のままでは大規模な案件や大手クライアントの案件を担当するには、“もっと力をつけないといけない”と感じています。ITに関する知識の習得も必要ですが、もっと磨かなければならないのは誰からも信頼され、重要な場面で必要とされる本当の実力や、会社の利益を確保しつつお客様に満足いただける契約を成立させるビジネスの交渉力です。これからも、時にはつまずき、失敗もしながらも、前を向いて一歩一歩自分の成長につなげていけたら・・と思っています。

MESSAGE

学生のみなさんへ

JBグループは女性社員も多く、様々な制度も充実していて、女性にとっても働きやすい会社だと思います。私自身3人の子供を育てながら働いていますから。意欲があれば、責任ある仕事が任される会社です。みなさんも一緒に働いてみませんか?

OTHER PERSON