ENTRY

SALES 04

ITの最先端に
挑戦していく、
大変だけど
やりがいのある
毎日です。

研究開発
山田 玲央奈

SCROLL DOWN

社動機

Motivation
To Join The Company

プログラミングの面白さに
目覚めて選んだ道

自分で書いたプログラム通りにシステムが動く…大学2年の時の感動が、私の進む道を決めました。プログラミングの実習で、レゴブロックで作ったクルマにセンサーを搭載し、障害物を避けたり、速度をコントロールしたりと、自分の手で、ちょっとした自動運転を実現することができ、すっかり夢中になりました。
就活では迷うことなくIT業界を志望。JBグループを選んだのは、ITの様々な領域に挑戦していること、そして会社訪問時に、アットホームな雰囲気の中で社員一人ひとりがコミュニケーションを取りながら、いきいきと働いている様子が伝わってきたからです。私も、このグループの一員として頑張りたいと思いました。

Motivation To Join The Company

事内容

Job Description
Job Description

事内容

クラウド最前線で
製品開発を担当

私は、新しい技術を研究・取り入れながら、グループ独自のソリューションを開発・提供する部門に所属していて、今は主に二つの業務に従事しています。一つは既存のソリューション製品をクラウドに移設する際の環境設定です。お客様の中には3,000以上ものクライアントPCを稼働させるシステムもあり、そうした場合は安定稼働を実現するのは簡単ではありません。システムのどこにボトルネックがあるのかを検討し、適切に負荷を分散させたり、セキュリティ面を強化することもあります。本当に便利で使いやすいクラウドサービスを、技術で実現する仕事と言えるでしょう。
もう一つが、Amazonのクラウドサービスを活用した新たなサービスのバックエンドの設計と開発です。クラウドを活用して、どのようなサービスを提供できるのか、それを実験検証していく業務です。今後、JBグループの中心となる仕事をしているという気持ちで取り組んでいます。

Thought
Thought

新しい技術への
チャレンジの連続

クラウドシーンは、次々と新たなテクノロジーが出現し、追従していくだけでも大変ですが、その分、技術的な刺激も多く、とてもやりがいがあります。実際に私も、インフラに関する多方面の勉強をする一方、外部の認定資格の取得を目指したり、将来性のあるOSS(オープンソースソフトウェア)を調査するなど、積極的にスキルアップを図っています。また、主要なオープンソースのフォーラムは海外のサイトで運営されているので、英語力の向上にも取り組んでいます。JBグループには、こうした日々の努力が新たな製品の開発につながるチャンスがふんだんにあります。特に3ヶ月に1度開催される技術者間の情報共有・意見交換の場には社長や役員も出席しているので、発表や提案を経営陣にダイレクトに伝えることができます。最先端の開発を担うITエンジニアとして、モチベーションとなり、恵まれた環境だと思います。

標・ビジョン

Vision
Vision

標・ビジョン

より高度な技術者集団を
目指していく

JBグループは、努力をすればITエンジニアとして市場価値の高いスキルを身に付けることができる環境だと思います。自分で調べて価値のあると思った内容、実践で得たノウハウ、セミナー等で得た知識や最新情報は、社内に持ち帰りミーティングやイントラネット上で、メンバー全員と共有しています。こうしてチーム全体の力が向上し、自分もまた理解を深めることができます。
私たちが目指すのは、何か得意技を持つ技術者集団です。JBグループの技術力を牽引していくため目標を高く持ち、研鑽するのは当然のこととして、今後は後輩指導にも力を入れていきたいですね。

MESSAGE

学生のみなさんへ

社会という未知の領域に踏み出すのは、期待と同時に不安もあるかもしれません。でも、恐れずに飛び込んで欲しいと思います。立ち止まらずに、一歩一歩進めば、努力に見合った成果がきっと得られるはずです。

OTHER PERSON