ENTRY

System 研修制度・福利厚生

新人研修

内定期間

ITやビジネスマナーに関する簡単な情報や内定者の集合機会を提供します。

10月1日

3月31日

内定者研修&懇親会(全3回)
通信教育(e-learning/テキスト)

4月1日〜5月31日

社会人として、JBグループの社員として働くための基礎をしっかりと身に付けます。

4月1日

4月中旬

5月31日

社会人の基礎

職場体験 (OJT)

IT基礎学習、最新ITトレンド、
プロジェクト上流工程体験

6月1日〜

基礎知識を活用して、より専門的なスキルを身に付けます。

6月1日

営業
企業のしくみ、提案訓練、OJT、セリングトレーニング
9月末まで

SE
システム開発:Java、Web、AI、開発演習
インフラ構築:Windows、Linux、ネットワーク、クラウド、構築演習
(コースによりクラス別で実施)
10月中旬まで

スタッフ
企業のしくみ、職種体験OJT
6月末まで

山田 玲央奈

ソフトウェア開発
2011年入社

私が入社した年度はプログラミング未経験の人が多かったのですが、基礎知識の勉強から始まり、実際のプログラミングまでじっくり研修カリキュラムが組まれており、未経験だからという不安は払拭されました。中でもグループワークでのプログラミング演習では、これまで勉強してきたことに加えて、メンバー間でのコミュニケーションも密に行わなくてはならないような内容でした。この経験は本配属になった後にとても役に立ちました。

福利厚生

働き方に関する制度の一例

ノー残業デイ

毎週水曜日は、定時退社を推奨するノー残業デイです。社員は定時退社できる様に計画的に仕事を進めます。

フレックス制度

勤務時間は8:45〜17:30ですが、フレキシブルに働くことも可能です。社員は自分の仕事の繁閑によりフレックスを利用しています。

プレミアムフライデー

月末最終金曜日は15時退社(※)です。自身のリフレッシュや、業務終了後にチームの仲を更に高めるのなど活用されています。※四半期の最終月以外

JBグループが考える
「働き方改革」の推進

少子高齢化が進み、労働力人口が継続して減少している中で、日本政府が重要課題として掲げる働き方改革の実現に向けて、労働者の視点に立った改革を進める取り組みを始めています。この流れを受けて、JBグループでも、さまざまな取り組みをはじめています。

・社員一人ひとりにあった働き方ー Style J ー
JBグループは、育時間、場所、年齢、組織を問わず、一人ひとりが自律した柔軟な働き方をできることを目指し、ニューノーマル時代の新しい働き方を推進する包括的な人事施策「Style J(スタイル ジェイ)」を導入しました。"複"業制度の導入やこれまでの人事施策の統合など、それぞれニーズにあった制度を選択できるようにしております。(注:通常「副業」と記載しますが、「正」「副」の区別なく"複"数の働き方を実現することを 意図し、「複業」と記載しています。)

・JBグループの取り組み
「Style J」の主な制度は以下の通りです。

「Style J」の主な制度

Ⅰ 働く場所・時間を自分で選択 - 場所・時間を超えた働き方

1.働く場所・時間の選択、フルフレックス等の制度の運用

働く場所と勤怠制度を組み合わせることで、個々の事情やライフプランに応じた柔軟な働き方を実現します。


2.目標管理制度を活用した成果型人事制度への移行

社員個人が目標を設定し、その達成度で評価を行う目標管理制度をベースに、成果をより適正に評価できるよう強化・改善します。


3.テレワークに対応したIT環境の整備とニューノーマル手当の支給

テレワークを実施するために必要なIT機器(iPhone/モバイルPCなど)と、テレワーク環境の整備・充実のための費用の一部補助としてニューノーマル手当 月額2,000円を支給します。

Ⅱ 複業の推進 - 組織を超えた働き方

企業にとらわれず自身の能力を発揮したい、幅広く人脈を形成しスキルアップを図りたいという希望を持つ社員に対し、JBグループでの雇用を守りながら複業を行える環境を整備し、社員のキャリア形成を支援します。また、他社の社員や専門スキルを持つプロフェッショナルなフリー人材がJBグループで複業を行うことも推進します。

Ⅲ シニア世代の活躍を推進 - 年齢を超えた働き方

これまで培ったスキルや経験を活かして働き続けたいという希望と意欲を持つ社員に対し、継続雇用の上限を設けず、やりがいを持って長く働ける環境を提供します。テレワークや勤怠制度の活用、複業などを組み合わせ、自身の健康状態やライフプランに合った幅広い働き方が実現可能です。

その他制度の一例

High Performers Club

年間を通して優秀な業績をあげた社員に対して付与される報奨旅行です。2018年度は425名の社員がタイ旅行を、2019年度は538名の社員が4泊6日のハワイ旅行を楽しみました。※2020年度は新型コロナウィルスの影響で実施延期

Professional Club

最先端のスキルやナレッジを海外セミナーで習得し、市場で競合他社に勝ち抜くための新しいアイデアを得る事を目的とします。帰国後はトップマネジメントに対して、今後のビジネスの提言を行います。