ごあいさつ 東上 征司

株主・投資家のみなさまへ

株主のみなさまへおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は、当社の経営にひとかたならぬご支援を賜り厚く御礼を申し上げます。

当社の中期経営計画「Transform2020(2017~2020年度)」では、WILD7と名付けた注力分野へのシフトにより着実に収益力を向上してまいりました。

今後さらに事業構造の変革を加速させるため、新たな中期経営計画「HARMONIZE2023」では、お客様のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を実現するトータルITサービス「HARMONIZE」をグループ一体となって提供し、超高速開発、クラウド、セキュリティ、データ連携等、より高付加価値ソリューションに注力し、企業価値を高めていく所存です。

当中期経営計画の策定にあたり、会社として目指す方向性をより明確にするため、社員自らがリーダーシップを発揮し、議論を重ね、新しいビジョンを掲げました。『創り出そう、躍動する社会を。挑戦しよう、技術とともに。』のもと、社員一人一人が常に技術を磨き、明るく楽しく、躍動する社会を創出する企業グループでありたいと考えております。

また、IT企業として、本業であるITを通して社会に貢献するために、ビジネスの中核である"人"すなわちそれぞれの社員が自ら考え、持続的な社会を実現するSDGsへの取り組みを推進して、社会に貢献してまいります。

今後とも、引き続きご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。