配当政策(剰余金の配当等の決定に関する方針)

当社は、株主のみなさまへの利益還元を経営の重要課題のひとつと位置づけています。剰余金の配当については、経営体質の強化と将来の事業展開を考慮しつつ、株主のみなさまへの安定的かつ継続的な配当を行うことを基本方針としています。中期的な目標としては、配当性向にも十分配慮するとともに、利益水準を向上させていくことにより、純資産配当率(DOE)が5%に達することを目標としています。また、自己株式の取得についても、株主のみなさまへの有効な利益還元のひとつと考え、株価の動向や財務状況等を考慮しつつ実施しています。

配当金の推移

配当推移

(円)
'15/3'16/3'17/3'18/3'19/3
中間配当 12.5 12.5 12.5 14.0 18.0
期末配当 12.5 12.5 14.5 18.0 18.0
記念配当 10.0
配当金 25.0 25.0 27.0 32.0 46.0

株主優待について

当社は業績を向上させ企業価値を高めることが株主さまへの還元と考えるとともに、単元未満株主や海外投資家を含む全ての株主さまを対象とする株主優待制度は難しいため、現時点では株主優待制度の導入は考えておりません。