JBCCホールディングス株式会社

JBグループでは、2013年度より継続した東日本大震災の被災地支援として、「鎮守の森のプロジェクト※」の趣旨に賛同し、当グループの社員による現地でのボランティア活動などに取り組んできました。

このたび、福島県南相馬市より、東日本大震災から10年という節目を迎え、当グループのこれまでの復旧・復興支援に対する感謝状を授与されましたので、お知らせします。

JBグループは、本業である“IT”を通じて「DX」「人財」「環境」の3つの視点でSDGsに自らの意思で取り組み、持続可能な社会を目指して活動を続けてまいります。

img_news_20211116.jpg

福島県南相馬市からの感謝状

※ 鎮守の森のプロジェクトについて

img_news_20211116_2.PNG

JBグループは、被災地支援活動のひとつとして、その土地本来の広葉樹からなる森を育て、防災林として減災をめざす「鎮守の森のプロジェクト」の趣旨に賛同しています。社員からの参加を募り、震災により甚大な被害をもたらした福島県南相馬市をはじめとする被災地を訪れ、現地でのボランティア活動を実施するとともに、寄付金による支援を行ってきました。

 

鎮守の森のプロジェクトの詳細は、こちらをご覧ください。

→ https://morinoproject.com/about

 

■JBグループCSR活動実績は、こちらをご覧ください。
https://www.jbcchd.co.jp/csr/history/index.html